トラベル
2017.03.09(Thu)

ひつまぶしや手羽先だけじゃない!こんな名古屋めし知ってた?

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋旅行の楽しみといえば、名古屋めし! ひつまぶしや味噌煮込み、手羽先……さまざまなメニューが思い浮かびますよね。しかしこれらの定番メニュー、最近は名古屋に足を運ばなくても食べられるようになってきました。そこで今回は、もう少しツウな名古屋めしをご紹介します。

さつまいもの香りと甘みがやさしい「鬼まんじゅう」

「鬼まんじゅう」は、角切りのさつまいもが入った、一見蒸しパンにも見える和スイーツ。蒸しパンに比べて粘りがあり、もちもちの食感が特徴的です。角切りのさつまいもが鬼の「金棒」に似ていることから、鬼まんじゅうと名付けられたそう。東海地方では庶民的なお菓子であり、和菓子屋の定番メニューでもあるので、ぜひチェックを!

香ばしいえびの香りと歯ごたえが魅力「えびせんべい」

名古屋グルメといえば、海老フライが人気ですが、実はえびせんべいも定番のおやつです。愛知県の三河地方と知多地方に多くの生産業者が集まっており、なんとその数100社以上! 実は愛知県はえびせんべいの生産量が日本一なんです。歯ごたえがあるもの、甘みがあるもの、小エビが丸ごと入ったものなど、店舗によって種類もさまざま!

起源は江戸末期!長く愛され続ける「守口漬」

守口漬とは、収穫したばかりの守口大根を塩漬けにした後、酒粕に何度も漬け込み2年程の時間をかけてじっくりと熟成させてつくるお漬物。守口大根は一般的な大根よりも細長いのが特徴で、世界最長の大根としてギネスに認定されたことも。奈良漬のような風味で、愛知県や岐阜県ではなんと江戸時代末期から食べられています。

ずっと冷めないナポリタン。卵がやさしい「鉄板スパ」

名古屋といえば喫茶店が豊富! コーヒーにトーストが付いてくるという、リーズナブルなモーニングが有名ですが、名古屋の喫茶店ならではのメニューもたくさんあります。その1つが「鉄板スパ」。熱々のステーキ皿(鉄板)にナポリタンを盛り付けて溶き卵を流し込んだもので、名古屋近郊の50程の店舗でいただくことができます。

台湾では食べられない!?辛いラーメン「台湾ラーメン」

豚ミンチ、ニラ、長ネギなどを辛く味付けして炒め、醤油ベースの鶏ガラスープでいただく「台湾ラーメン」は、台湾ではなく名古屋市が発祥の名古屋めし。スープの味わいと程よい辛さがクセになるとして愛され、名古屋近郊では大学の学食や社員食堂でもレギュラーメニューとして扱われていることが多いそう。辛いもの好きはぜひチェックを!

全国展開する店舗も多い名古屋めし。今回は名古屋に足を運ばなければ食べられないメニューを中心にご紹介しました。お土産やおやつ、ランチ、飲んだ後にもぴったりな一品など、幅広くピックアップしたので、ぜひ候補にいれてみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード