カルチャー
2018.12.29(Sat)

名古屋散策がもっと楽しくなる!有松街並み保存地区の楽しみ方

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋駅から約20分の場所にある、有松駅からすぐの「有松街並み保存地区」。2016年に重要伝統的建造物群保存地区になった有松には、今もなお歴史のロマンあふれる街並みが残っています。見るだけでなく体験もできる、有松絞りとともに発展してきた保存区の楽しみ方をみていきましょう♪

歴史ある風景に心躍る!

有松地区の大きな特徴は、江戸期、明治期、昭和期と歴史のある主屋の風景。一度にさまざまな時代の建物を鑑賞できるのが特徴です。伝統のある有松絞りとともに発展してきた東海道の街並みが今もなお残っています。外観はもちろん、主屋の座敷や庭園も残っているので、名古屋でも有数の歴史的建造物群が見られます。ノスタルジーな気分になれる、歴史のロマンに浸ってみては?

<基本情報>
名称:有松街並み保存地区
住所:愛知県名古屋市緑区有松町
電話:052-972-2782(名古屋市観光文化交流局文化歴史まちづくり部歴史まちづくり推進室町並み保存担当)
営業時間(開館時間):なし
定休日:なし
入場料(観覧料):なし
URL:http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000080042.html

有松を訪れるなら有松絞り

有松の昔ながらの風景が残る場所は、有松絞りとともに発展してきましたが、今でも有松絞りの伝統を受け継ぐ多くの店が見られます。代表的なのが、有松・鳴海絞会館です。有松絞りのことが分かる資料室、有松絞りの実演、体験(予約必須)も行われており、有松絞りの魅力を余すところなく楽しめますよ。ショッピングもできるので、有松絞りをお土産に購入するのもいいですね!

<基本情報>
名称:有松・鳴海絞会館(有松絞商工協同組合)
住所:愛知県名古屋市緑区有松3008番地
電話:052-621-0111
営業時間(開館時間):9:30~17:00(絞り実演は16:30まで)
定休日:水曜日(12月から3月の期間)
入場料(観覧料):資料室見学300円(大人300円、小中高生100円)、絞り教室別途負担有※予約必須
URL:https://shibori-kaikan.com/infomation

有松に行くなら山車見学もプランに

有松といえば、毎年10月に行われる「有松山車祭り」も有名です。唐子車、布袋車、神功皇后車の3台の華やかな山車が祭りを賑わせます。3台の山車が揃うのは祭りの日だけですが、有松山車会館に行けば3台のうちの1つを鑑賞できるので、祭りの片鱗だけでも楽しめますよ。山車によってつくりが違う、豪華な刺繍やからくり人形の細工をゆっくり眺めてみては?

<基本情報>
名称:有松山車会館
住所:名古屋市緑区有松2338番地
電話:052-621-3000
営業時間(開館時間):10:00~16:00
定休日:祝日を除く平日(月曜日~金曜日)
入場料(観覧料): 200円(大人200円、高校生100円、中学生以下無料)
URL:https://shibori-kaikan.com/recomended/dashi

歴史好きはもちろん、日常では体験できない有松絞りや祭りの山車の鑑賞が楽しめる有松街並み保存区。丸一日たっぷり充実した時間を過ごせる魅力がそこにはあります。最先端の人気スポットもいいですが、この機会に有松街並み保存区でゆっくりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょう?

●掲載内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード