アミューズ
2018.06.05(Tue)

【旅ログ】海の上に立つ沖縄の総鎮守「波上宮」でパワーチャージ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Pintrip」読者のみなさん、こんにちは!
東京生まれ、福岡&大阪育ち、現在は沖縄在住のライター・Churako(ちゅらこ)です。縁あって沖縄に住むことになり、主に沖縄の観光地やグルメスポットをWEBで紹介するレポーターをしております。旬な情報をたくさんご紹介しますので、よろしくお願いしますね!

さて、沖縄といえばパワースポットの宝庫としても知られていますが、今回は沖縄を代表する神社である「波上宮」(なみのうえぐう)をご紹介します。

かつて「琉球八社」として首里の王府から特別な待遇を受けていた神社の筆頭にあたる「波上宮」は、地元では「なんみんさん」と言われ、沖縄の総鎮守として信仰されてきた由緒正しい神社です。那覇を訪れたらぜひ訪問したいスポットのひとつ。青い海を臨む神社で南国のパワーを受け取ってくださいね!

旅の出発地は「西鉄リゾートイン那覇」!波上宮へのアクセスは?

スタートは、沖縄本島の大動脈、国道58号線(“ゴッパチ”の愛称で親しまれています)沿いに建つ「西鉄リゾートイン那覇」です。

最寄り駅の沖縄都市モノレール“ゆいレール”の県庁前駅 北口から徒歩3分。旭橋駅や那覇バスターミナルからは徒歩8分の好立地にあります。

「西鉄リゾートイン那覇」は、那覇のビジネスの中心地である久茂地(くもじ)交差点のすぐ近くに建ち、国際通りへも歩いて5分でアクセスできる便利さ!ビジネス・観光ともに人気のホテルなんです。

では早速、今回の目的地「波上宮」までお散歩がてら歩いてみましょう♪

Googleマップの案内で行くと小道に入ったりしますが、途中で住宅街を抜けたりと道を曲がる目印がわからなくなってしまうので、今日は一番簡単なルートで行ってみます。

「西鉄リゾートイン那覇」の正面エントランスから出て、国道58号線をゆいレール旭橋駅方面に向かって歩きます。泉崎交差点まで来て「波之上宮」の案内看板が見えたら右折、そのまま海の方へ歩くと波上宮に到着です!ホテルからはおおよそ徒歩12分くらいの距離。

道中は日を遮るものがないので、晴れた日に歩く場合は特に日傘や帽子、日焼け止めやサングラスを用意しておいてくださいね!季節にもよりますが、沖縄の街歩きにはマストです。

車で行くと、ホテルから5~6分程度の距離です。波上宮の駐車場は無料で利用できますが、20台分しかないのでお祭りなど混雑している時期はおすすめできません。

実は波上宮は、御祈願の受付こそ9:30~16:30となっているものの、お参り自体は24時間可能です。早朝や夜の比較的空いている時間帯にお参りするのもOKですよ♪

沖縄赤瓦(おきなわあかがわら)が美しい!「波上宮」の境内を巡ろう

波上宮は琉球王国から特別に保護を受けた神社「琉球八社」の第一の神社として、毎年お正月には、国王自ら参拝して国家の安全と繁栄を祈っていました。沖縄で最も参拝者の多い神社で、年間を通して多くの人で賑わっています。

近年のインバウンド観光の盛り上がりもあり、境内には外国の方もたくさん!しかもこの日は、境内で年に一度の例大祭の準備中でした。

波上宮では月に一度、月次祭などのお祭りがあります。5月17日の例大祭、それに近い土日に行われる「なんみん祭」では、最終日にはおみこし行列も見ることができるんです。

波上宮では、イザナミノミコト、ハヤマタオノミコト、コトサカヲノミコトの熊野三神を祀っています。ご本殿の参拝の作法は本土の神社と同じ。二拝二拍手一拝です。

今日みたいに晴れた日は特に、ご本殿の赤瓦が青い空に映えてきれい~♡これぞ、南国ならではの美しい光景ですよね!

御朱印マニアも必見!思い出作りにおみくじも

お参りを済ませたら、社務所でお守りや御朱印、おみくじなどを見てみましょう。

波上宮は近年特にパワースポットとして注目を集めています。各種御祈願や厄除けをはじめ、縁結びや紅型を用いた沖縄らしい種類のお守りもたくさんあります。

最近は御朱印集めが流行っていますよね!私も各地の御朱印を集めているので、いただいてみました!しかし今回はなんと御朱印帳を忘れるという痛恨のミス。1枚紙に書いていただき、後ほど御朱印帳に挟むことにします……(笑)。

おみくじはコチラ。海外のお客様が多いためか、なんと4か国語表記です。
せっかくなので運試し!と引いてみたところ、結果は「吉」でまずまず。しかし私は旅行ライターなのに、旅行の欄に「金銭的に困難あり」の文言が……(涙)。困難が解決するようもう一度お参りして、しっかりおみくじを結んでおきました!

「波の上ビーチ」からの絶景♪神秘的な景色を眺めて

波上宮はその名の通り“波の上に建っている”神社。

実際にそんな光景を見るために、裏へ回ってみましょう。裏手には階段があって、ビーチに降りられるようになっています。

ここは「波の上ビーチ」という名前の場所。那覇市内では唯一のビーチで、アクセスが良いのでいつも人が絶えない場所です。

沖縄の海開きはだいたい4月上旬。今日は5月の晴れ間で夏のような暑さだったので、すでに海遊びを楽しむ方がいらっしゃいました♪気持ちよさそう~♡

ビーチの左側にある、この大きな琉球石灰岩の崖が目を引きます。

古来より海の彼方にあるといわれている“ニライカナイ”への祈りをささげたこの場所は聖地とされていて、岩の周りには立ち入り禁止の柵があります。

離れて見るとわかるのですが、この聖地の上に立つ建物こそが、波上宮のご本殿。この時は引き潮だったので岩自体が砂浜の上にあるように見えますが、満潮時には岩の下の削れている部分まで潮が満ちるので、まさに波の上に立つ神社を見ることができます。

向かいの波之上臨港道路まで登ると、このように海の側から絶景の波上宮を眺めることができますよ!

今回は、沖縄随一の神社「波上宮」をご紹介しました。
沖縄ならではの絶景を持つパワースポットで、赤瓦のご本殿がまさに波の上に立つ様子は必見です。夜間は社務所が閉まっているものの、参拝はいつでもOK。夜はライトアップされた幻想的な波上宮を見ることができますので、ぜひ行ってみてくださいね。

〈 基本情報 〉
■波上宮(なみのうえぐう)
住所:沖縄県那覇市若狭1-25-11
電話番号:098-868-3697
営業時間:24時間(御祈願受付は9:30~16:30)
HP:http://naminouegu.jp/index.html

〈 施設情報 〉
西鉄リゾートイン那覇
住所:沖縄県那覇市久米2-3-13
電話番号:098-869-5454
HP:https://nnr-h.com/n-inn/naha/

●掲載内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

おすすめ記事

このエントリーをはてなブックマークに追加