アミューズ
2017.11.16(Thu)

【旅ログ】黒崎から出発!北九州の歴史を感じる大人の社会科見学

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Pintrip」をご覧のみなさん、こんにちは♪ 福岡担当、旅好きライターのふくまるです。今回はちょっと足をのばして「目指せ歴女!」ということで北九州市の副都心・黒崎をご紹介します。黒崎は古くから旧長崎街道の宿場町として栄えてきた場所。現在も北九州市八幡地区の中心地である黒崎駅前には商業施設が並び、少し歩けば商店街も伸びています。駅の北側には工業地帯へと続き、工場や煙突が並ぶ北九州市らしい風景を見ることもできますよ。

旅の拠点となるのは「西鉄イン黒崎」。黒崎駅から徒歩2分、「コムシティ」という施設の一角にあります。雨の日でも駅から濡れずに歩いて行けるのがうれしいですね。施設の1階部分は西鉄黒崎バスセンターとなっているほか、さらに筑豊地区へと伸びる筑豊電鉄の黒崎駅もありますよ。

そんな黒崎の交通の利を活かし、今回はバスでプチ旅行♪ホテルから歩いて4~5分のところにある「黒崎駅前」バス停からバスに乗って約15分、「製鉄記念八幡病院東口」バス停で降車します。

いのちのたび博物館で、古代の北九州に思いをはせて

やって来たのは、「北九州市立いのちのたび博物館」。2002年に誕生した北九州の自然史・歴史を紹介する博物館です。特に恐竜関係の展示が有名なので、「子どもがよろこびそう」と思う方も多いはず。それはもちろんですが、大人が訪れてもかなり楽しいんです! さっそく、中に入ってみましょう。

まず訪れるのは「自然史ゾーン」。地球の誕生~古代を紹介するアースモールに向かいます。ここで出迎えてくれるのは恐竜の骨格標本の数々です。ティラノサウルス、ステゴサウルス、トリケラトプスなどおなじみの恐竜たちの骨格標本は、思わず「わぁ!」と声を上げてしまう大迫力!恐竜ってこんなに大きかったんだ、と体感することができます。下から見上げるほか、3階からは恐竜の顔を近くで見たり、翼竜を間近で見たりすることもできますよ。

続いて白亜紀を紹介する「エンバイラマ館」へ。こちらでは、中世代・白亜紀の北九州を再現した360度体感型のジオラマを楽しむことができるんです。マメンチサウルスやディロングなど、まるで生きているかのように動く恐竜のロボットは迫力満点。はるか昔の北九州に思いをはせながら展示を楽しみましょう。

そのほかにも、北九州で営まれた近代の暮らしや、北九州の祭りの文化を紹介するコーナーなども。「いのちのたび博物館」をじっくり回れば、古代から近代までの北九州について、時間を追って知ることができますね。

東田第一高炉で北九州のものづくりの歴史にふれる

続いてやって来たのは、「いのちのたび博物館」から歩いて5分ほどの場所にある「東田第一高炉」です。遠くからでも見えるこの巨大な建造物は一体何なのでしょうか?

ここ東田地区は、明治34(1901)年、官営八幡製鐵所が創業した場所。東田第一高炉は、1901年から1972年まで稼働しました。操業開始から改修を重ね、1962年に超高圧高炉としてこの形になった第一高炉(第10次改修高炉)を保存し、文化財に指定したうえで一帯を史跡公園として公開しています。無料で見学できるのもうれしいですね。この高炉、中を見学することもできるんです。フォトジェニックな雰囲気満載なので、ぜひカメラのご用意を♪

広場には、高炉で溶かした銑鉄(せんてつ)を運ぶ貨車や、銑鉄に酸素を送り込み、粘り強い鋼鉄を作るための「転炉」(写真)なども展示しています。どれもスケールの大きさに驚かされるものばかり。ものづくりのまちとして知られる北九州の歴史を感じられる場所でした。

いかがでしたか?古代から近現代まで、北九州をタイムトリップする社会科見学。歴女な女子旅にもおすすめです♪ふくまるも十分に大人ですが、ワクワクすることがたくさんあり、子どもの時以上に興奮してしまいました! 北九州の新しい一面を発見できるプチ旅行、楽しんでみてくださいね!

〈基本情報〉
■北九州市立いのちのたび博物館
住所:福岡県北九州市八幡東区東田2-4-1
電話番号:093-681-1011
営業時間:9:00~17:00(最終入館16:30)
休館日:年末年始、害虫駆除期間(6月下旬ごろ)
料金:大人500円、高校生以上の学生300円、小中学生200円、小学生未満無料
ホームページ:http://www.kmnh.jp/

■東田第一高炉
住所:福岡県北九州市八幡東区東田2-3
電話番号:093-582-2391(北九州市 市民文化スポーツ局文化部文化企画課)
営業時間: 9:00〜17:00
定休日:年末年始
料金:無料

〈 施設情報 〉
西鉄イン黒崎
住所:北九州市八幡西区黒崎3-15-3
電話番号:093-645-5454
HP:http://www.n-inn.jp/hotels/kurosaki/

おすすめ記事

このエントリーをはてなブックマークに追加